トラックの査定について

走行距離で決まるトラック買取額

投稿日:

走行距離で決まるトラック買取額

 

トラックを売却する際、売値の決め手としてはなんといっても走行距離です。走行距離で査定額が変わってきます。
走行距離が長くなればなるほど買取価格が下がり、1万kmを超えると大幅に下がってしまいます。

トラック・重機・建機を最高査定額で買取してもらう方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
これが、買取ゼロ円のトラックをお金にする最高の方法です。

>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

トラックの買取額は走行距離が左右する

トラックの買取額は走行距離が左右するトラックを売却する際、なんといっても走行距離で買取額が変わってきます。
走行距離が長くなればなるほど買取価格が下がり、1万kmを超えると大幅に下がってしまいます。

そして気をつけなければならないのが「走行距離の台変わり」です。
これは走行距離の1万km台の数字が変わることで、たとえば外観はまったく同じで走行距離のみが違うトラックがあった場合、49,000km走行のトラックより50,000km走行のトラックの方が査定が大幅に低いということです。

たとえ、たった1,000kmの差であっても数十万円下がるということもあり得るのです。
新しいトラックに乗り換えようと思ったなら、この台変わりの前に買取に出したほうがお得だということになりますね。

走行距離が長いトラックを売却しても買取価格が低いのは当たり前と誰もが理解していますが、ではなぜ、走行距離の長いトラックは買取価格が下がるのでしょうか。

買取の査定は、トラックがどれだけ新車の状態に近いかにかかわってきます。

当然、長く走ったトラックほど新車からは遠ざかっていきます。

トラックは商用車で重い荷物を乗せて長時間走ることを前提としているため車体が痛みやすい、ということが理由です。

最近のトラックは性能もよく丈夫なものが多いのですが、それでもやはり走行距離が短いほうが頑丈で安心だというイメージが強いのですね。

メーカー保証の有無も

メーカー保証が切れるというのも理由の一つにあります。

一般的には、新車のトラックには自動車メーカーが「5年間」または「走行距離10万km」までの保証をつけています。

中古トラックとして売却するときに、メーカー保証が切れていなければ価格も変わってきます。

購入する側には壊れやすいかどうかも問題ですので、大きな安心材料になるというわけです。

廃車同然のトラックでも売れる?

海外で走る日本のトラックでは10万km以上の走行距離でメーカー保証も切れているトラックは廃車にするしかないのでしょうか?
そんなことはありません。

日本製のトラックは品質も優れておりオプション製品も充実していますので、海外ではたいへんな人気なのです。

たとえ年式が古くて走行距離が多くても、海外に渡って活躍しているトラックはたくさんあります。

トラックの買取専門店は取引実績も多いので、国内では売れないようなトラックでも買取することができます。

国内で中古トラックとしての販売、日本全国オークション、海外への輸出などさまざまなルートがあるため、買い取ったトラックは次の売り先へと送り出すことができるのです。

当サイトでご紹介しているトラック専門買取業者は、どんな状態のトラックでも、無料見積もりを行ってくれます。

是非一度お試しされてみてはいかがでしょうか。意外なほどの高値に驚くことになるかと思われます。

トラック買取業者ランキング

 

■関連記事
手続きは面倒!代行サービスを利用しよう
低年式や過走行のトラックが売れるワケ
大型トラックの買取と売却
ローン返済中のトラックの買取
驚くほどの高額で買い取ってくれる!
優良な専門買取店選びのポイント

トラック・重機・建機を最高査定額で買取してもらう方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
中古車販売店で査定0円と言われたトラックも、一流業者が安心査定。

>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

-トラックの査定について

Copyright© 中古トラック買取ランキング・引き取り〜廃車・大型車・重機でも高価買取〜 , 2021 AllRights Reserved.